ぎふの木の話

岐阜県は県土の約8割を森林が占める日本有数の森林県です。林業が生活の基盤となる地域もいくつかあり、地元で採れた材料で家を建て山は守られてきました。でも、今では林業の衰退により放置された山が増えております。環境問題においても、林業を守っていかねばなりません。林業を守ることは、森林の手入れが進み森林の持つ水資源の保全、土砂災害の防止など、多面的な働きを高めることができます。また、木材を使った住宅は二酸化炭素を固定し温暖化防止に貢献します。

野々村建設ではぎふ県産材で家を建てることで地元の山の保全につながると考えています。